S-COBAN

BLOG

ブログ

三木聡監督の映画「大怪獣のあとしまつ」を観てきた感想はこんなんで、どうですかね?

https://www.daikaijyu-atoshimatsu.jp/

2022年2月4日に公開された映画「大怪獣のあとしまつ」が、あまりにも評判が良くないようで、ある意味ではかなり話題になっているため、久しぶりに映画館に行って鑑賞してきた。

怪獣映画といえば、怪獣が暴れまわるイメージだけど、この映画では死んだ怪獣の処理はどうするのかといった珍しい視点で描かれているため、公開前の宣伝を見たときから興味はあったが、前述したようにこれほどまでに評判が良くない方に偏るとは思わなかった。

ネットではギャグがスベりまくっているという感想も少なくないようだけど、三木聡監督ならではの言葉遊びや、時効警察やインスタント沼などにも出演している監督の作品でお馴染みの岩松了さんやふせえりさんの台詞回しなどが見られたのが良かった。しかし、このあたりの監督の作品らしさが露骨すぎたのか、おそらく他の作品を知らない人にとってはギャグが下品で面白くないといった印象でしかないのかもしれない。

三木聡監督の作品で、さらにお馴染みのキャストが出演するということで、個人的にはもっとギャグテイストが盛りだくさんな作品を期待していたが、真面目な人間ドラマが軸として描かれていたこともあって、期待していたギャグテイストについては物足りなさを感じてしまったのは否めない。

怪獣映画ということでは、個人的にはウルトラマンの映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」でエメラナ姫を演じていた印象がとても強い土屋太鳳さんも出演している。年月も経っているし役柄も違うので当然ではあるが、エメラナ姫も大人の女性に成長したんだなという印象が感じられた。

怪獣映画として期待していた人、制作陣の作品として期待していた人、出演者に期待していた人など、それぞれが抱いている期待によって作品に対する感想が異なるのは当然だろう。

おそらく、批判的な意見が多くなってしまったのは、シリアスとギャグの温度差が激しかったことで感情移入が難しかったことも要因にあるかもしれない。そういった意味では、麻生久美子さん主演の映画「インスタント沼」は、コメディ路線で奇想天外ながらも、ほどよい温かみがあって安心して見られるかも。

映画「大怪獣のあとしまつ」

出演:麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮

RELATED

関連記事