Macノートブックの「バッテリーは充電できません」が予想外の原因だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、頻繁に発生する MacBook Pro の「バッテリーが充電できません」という現象に悩まされていた。

初めて現象を確認したときは、充電が残り「5%」になって、コンセントに繋がないとスリープするという警告に煽られたときだった。アダプタをコンセントに繋いでいるのに、しばらく経っても「5%」のままだったから、バッテリーアイコンをクリックしてみると「バッテリーが充電できません」という不可思議な表示にプチパニック。買ったばかりの MacBook Pro が故障してしまったのかと思うと気持ちが萎えた。

いろいろと調べたうえで確認してみた結果としては、ボクが陥っていた充電できない原因というのが、MacBook Pro 周辺気温の低下、つまり寒さが問題だった。

Macノートブックの適性温度がある

Appleサポートサイトによると、Macノートブック使用時の温度管理について次のように述べられている。

Mac ノートブックは周辺温度が 10° ~ 35℃ の場所でお使いください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201640

https://support.apple.com/ja-jp/HT201640

どちらかというと、Appleサポートサイトのページでは、高温で使用することを避けるように記載されているが、推奨されている気温を下回ることでも問題があるわけで、確かに暖房をつけていないと室温が低い朝方に現象が発生する傾向があった。

MacBook Pro を温めたら充電できた

寒い時期だけどコタツで十分に温まって過ごしていたため、朝方の冷え切った部屋に放置された MacBook Pro はキンキンに冷えていた。

後述する、Macが充電できないときに確認する項目を全て試しても解決しなかったため、最後に残る温度の問題で解決するのか試してみた。

本体に手を当てて体温で温めようと試みたが、あまりの冷えっぷりにボクのほうが冷えてしまいそうだったので、そのとき唯一稼働している暖房器具だったコタツに MacBook Pro を入れて温めてみた。

キンキンで冷たく感じる状態ではなくなってから、改めて電源を繋いでみたところ、無事に充電されていることが確認できた。

ただし、コタツの中に放置しすぎて逆に高温で故障してしまう恐れもあるため、できれば暖房で室温を暖かくしてした環境が安心して使えるのは間違いない。

充電できないときに確認すること

ボクの場合は寒さが原因だったけど、Macノートブックが充電できないときに確認する項目を参考までにまとめておく。

別のUSBポートを使う

MacBook Pro を充電する USB Type-C のポートが故障している可能性を確認するために、本体にある全てのポートで充電ができないのか確認してみる。

特定の箇所だけで充電できないのであれば、USB Type-C ポートの故障が原因ということになる。

別のアダプタとケーブルを使う

MacBook Pro 本体の USB Type-C ではなく、充電するために使用するアダプタやケーブルの故障が考えられるので、これらの代替があれば確認してみる。

別のコンセントを使う

あまりコンセントが壊れているということはないと思うけど、念のためコンセント側の故障を疑って別のコンセントで充電できないか確認してみる。

ボクは、太陽光があまりにも暖かいことから、ソーラーパネルで蓄電器に貯めた電気を使って MacBook Pro を充電しているから、そういった使い方をしている環境に問題があるのかと思って、部屋備え付けのコンセントで試してみるなど、コンセントの確認も行った。

バッテリーの状態を確認する

バッテリーが正常に動作しているか確認する。画面上部にあるバッテリーアイコンを「Option」キーを押しながらクリックすると、バッテリーの状態が表示される。

正常であれば「標準」と表示されるが、状態異常がある場合には「バッテリーの交換修理」などの内容が表示される。

詳しくは、Appleサポートページを参照すると他の状態について記載されている。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mh20865/10.15/mac/10.15

SMCをリセットする

電源やバッテリーなどの機能を管理している、SMC(システム管理コントローラ)をリセットすることで、解決する場合もあるらしい。

SMCをリセットする方法については、Appleサポートページで確認できる。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201295

まとめ

あまりにも頻繁に発生するからホントに困っていたけど、まさかキンキンに冷えていることが原因だったとは予想外だった。

上記に挙げたような一般的に考えられる対策でも解決しない場合には、使用している環境温度を疑って、寒すぎたり暑すぎたりしている場合には、Mac本体を温めるなり冷やすなりして充電できるようになるか試してみると解決するかも。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*